風評での被害

友達との学校帰りの電車内。 学校の先生や友達、好きな芸能人や行きつけのお店など、身近な噂話に花が咲くのは誰でも経験あることでしょう。 それはその場限りの他愛のないおしゃべりだったはず。 でも、友達同士の軽い冗談と思っていた会話が実は風評被害の始まりになっていたとしたら

友達と交わした軽い冗談のはずが、実は風評被害の始まりに

そもそも「風評被害」とはなんでしょう。
辞書によると風評により経済的な被害を受けることあります。
風評とは噂を指しており、つまりは「噂話などにより経済的(精神的な)被害を被る」ことを「風評被害」と呼んでいるようです。

風評被害という言葉がこれほど日常的な聞かれるようになったのは2011年の東日本大震災の後からです。
また、風評被害と聞いて福島第一原子力発電所事故からの一連の流れを思い出す人も多いでしょう。
同じ福島県内でも事故の起きた原発から半径30キロメートル以上離れた地域では、放射線の影響は少ないと発表されました。
にもかかわらず、日本中で福島県の農産物の不買が起こりました。
この行為自体は悪意いうよりは、自分たちの健康に対する不安からだったのですが、結果として風評被害を生み出すことになったのです。
その後、福島県は農産物に対しどこよりも厳しい放射能検査を行いうことにより安全性を確保しているのですが、なかなか震災前の状況に戻ることはありませんでした。
そして、これらの風評被害はいまだに全て解決したわけではありません。

このように風評被害は、ある日突然自分の身に起きてしまうかもしれないのです。

また、震災関係では農産物だけではなく、避難者に対する風評被害もありました。
神奈川県に避難した小学生は学校で「放射能がうつる」としていじめを受けたというニュースも報道されましたが、きっとこのような被害も表に出ていないだけで他にも沢山あっただろうと想像されます。

おすすめリンク

風評被害対策の方法

風評被害対策は個人でするにはなかなか難しいですが、対策業者に依頼することもできます。

MEO対策とはどのようなものなのか

MEO対策について詳しく紹介します。聞き覚えのない言葉かもしれませんが、知っておいて損はありません。